猛禽さん





カワラヒワ 201702
2017年2月





雪が積もったときの「再会」について、前回の記事で書いたばかりですが、
忘れていたことがありました。それは、猛禽さんとの再会です。


寒い季節、まれに、ツミ、ノスリ、トビなど猛禽さんの到来がありますが、
雪が積もると、出現の確率が高まります。
猛禽さんたちも、お腹を空かせてあちこち彷徨うのでしょう。




ツミ 201612
2016年12月 年末に見た猛禽さん。ツミさんかと思って撮りましたが、ハイタカさんにも似ているような気がします。





これまで、猛禽さんの狩りが成功したのを見たことはありませんでしたが、
きょう、はじめて、獲物を捉えた直後と思われるノスリさんが写真に写りました。
犠牲になった小さな鳥さんの姿がありました。写真は掲載しないことにします。
自然界では当たり前のこと、猛禽さんも懸命に生きている、と分かっていても、
小さな鳥さんたちと日々ふれ合っていると、なかなか受け容れがたい現実です。





カワラヒワ 2017022017年2月






Comment 2

2017.02.15
Wed
21:15

trisky  

ハイタカ、かな?

こんにちは!
猛禽類(も)好きです!^^
眉班や尾羽根からハイタカのように見えました。体の割に頭も小さく、尾も長いのでメスでしょうか。

カワラヒワ君も綺麗に撮れていますね〜。 
ヒマワリの種が大好きなカワラヒワですが、タンポポの綿帽子の種も食べると知りました。あんなに小さくて中身が薄っぺらそうな種では、お腹を満たすのにどれぐらいの量を食べなければならないのでしょう。ヒマワリの種と似た味がするのか、いろいろ想像しちゃいます。今度見つけたら試しに口にしてみようかな。^^

2017/02/15 (Wed) 21:15 | EDIT | REPLY |   
2017.02.15
Wed
21:33

ricorio  

triskyさんへ

   
こんばんは。いつもお世話になります。
再びのコメント、ありがとうございます。

さすが!鳥さん全般にお詳しいですね。
写真は、ハイタカ♀さんの可能性が高そうですね。
ありがとうございます。
わたしは、猛禽さんの写真を見るのが怖くて、
ネットでの画像検索もなかなかできないのです…

カワラヒワ、お花を食べているのもたまに目にします。
植物系なら幅広くいろいろなものを食べるようですね。
タンポポの綿帽子の種…って、綿帽子ごと食べるわけではなく、
ムシャムシャしながら選別して種だけ食べるのでしょうか。
早速調べてみようと思います。
実際に食べている場面も見てみたいです。
毎日会っている鳥さんでも、まだまだ知らないことがたくさんです。
    

2017/02/15 (Wed) 21:33 | REPLY |   

Leave a comment