2018年のこどもたち




ことしも、庭とその周辺で、たくさんの鳥さんのこどもたちが生まれ、巣立ち、成長しています。




ichibanko-20180525-111th_.jpg
5月のヤマガラさん。ケイちゃんとシロちゃんの1番子。巣立ちから20日ほど経った頃。





sijukara20180814-001-sharp-2th_.jpg8月のシジュウカラさん。はるちゃんといっしょにいることが多いので、おそらく2番子だと思います。 





kawarahiwa20180602-111th_.jpg
6月のカワラヒワさん。今年もたくさんの幼鳥さんに会いました。





kibitaki20180722-111th_.jpg
8月のキビタキさん。春生まれの子でしょうか。もうだいぶおとなびています。






54321th_.jpg左上から、イカル、キセキレイ、コゲラ、ヒヨドリ、オオルリ、ガビチョウのこどもたち。





そのほか、庭で幼鳥さんの姿を見ることができたのは、
エナガ、メジロ、コサメビタキ、センダイムシクイ、セグロセキレイ、スズメ。
そして、きょう、アオゲラの幼鳥さんに初めて会いました。


姿にも行動にも、まだ少し幼さを感じさせるこどもたち。
秋が深まる頃には、みな立派なおとなに成長していることでしょう。





Tag:  ヤマガラ, ヤマガラ常連さん, シロちゃん家族, ケイちゃん, シロちゃん, シジュウカラ常連さん, はるちゃん,

Comment 6

2018.09.05
Wed
00:37

ちゃたろう  

こんにちは^^ 今年もこんなにいろいろな種類の鳥さんのヒナが巣立ったのですね。
みんな足がしっかりとしていて健康そうです。秋から冬になって厳しい季節になりますが
きっと元気に乗り越えてくれると信じています!
本当に多くの種類の鳥さんがいるものですよね。進化ってすごいなあ、多様性ってすごいなあ
といつも思います。そしてどの鳥さんも、なんて美しくて魅力的なのかしらと毎回思います^^
恐竜が大好きな私ですが、恐竜の化石は無理でも木の葉の化石は持っています。30万年前の
もので特に価値がどうのというものではないのですが、30万年かあと眺めていると楽しいですよ。
まだホモサピエンスはいないころだとか、鳥さんたちの先祖はどんな風だったのかとか考えると
不思議な感じがします。木の葉の化石は私の宝物なのです^^

2018/09/05 (Wed) 00:37 | REPLY |   
2018.09.05
Wed
18:52

ricorio  

ちゃたろうさん、いつもありがとうございます!

    
いつの間にかどこかで巣作り、子育てしている鳥さんが多いです。
人間が見守れない場所では特に、外敵にも狙われるだろうと思うのに、
毎年必ず、元気に巣立った幼鳥さんたちに出会えます ^^
鳥さんたちは、心配するよりもずっとずっとたくましく賢いのですね。
厳しい冬を過ごす鳥さんも、遠い遠い国まで渡って行く鳥さんも、
みんな無事に乗り切ってくれるはずと信じます ^^

鳥さんは、姿形も声も、食べ物も巣作りも暮らし方も、様々ですね。
進化と言えば、恐竜を彷彿とさせる雰囲気の鳥さんもいますよね。
庭では、例えば、キビタキの♀さんの風貌とか、
ガビチョウさんの動きに、恐竜の片鱗みたいなものを感じることがあります。
30万年前の木の葉… 素敵ですね^^
30万年前…って、想像してもぴんと来ませんが、なんだかうっとりします。
先日の家系図の話も思い出しました。
ヤマガラのケイちゃんシロちゃんを出発点にして孫やひ孫までたどる家系図。
今回は、逆に、30万年前を出発点に、ケイちゃんとシロちゃんまでたどり着く家系図。
一体どんな進化と家族の歴史をたどるのでしょうか ^^
   

2018/09/05 (Wed) 18:52 | EDIT | REPLY |   
2018.09.06
Thu
09:22

okko  

どの子も本当にかわいくて見ているだけでホッコリします。
イカルの幼鳥は初めて見ましたが、その顔つきからか
他の子たちより大人びて見えます。
ガビチョウはおそらくこちら(近畿地方)では見られないのかな
と思いますが、鋭い目つきですね。
みんな無事に大きくなっていますように!!

2018/09/06 (Thu) 09:22 | REPLY |   
2018.09.06
Thu
13:33

ricorio  

okkoさん、いつもありがとうございます!

       
幼鳥さんならではの羽根色や模様、幼さ未熟さを感じさせる仕草や行動。
日に日に成長していくので、目の前の姿はその瞬間しか見られないと思い、
必死で追いかけてしまいます(^ ^;)
  
イカルさんとガビチョウさん、ともになかなか姿は見せない鳥さんです。
どちらも、声は毎日聴こえていて、最近でもさえずっている数少ない鳥さんです。
上の写真のこどもたち、どちらもすでにかなりおとなの姿に近づいています^^
それでも、おとなの鳥さんとはどことなく違う、柔らかな感じの佇まい、
好奇心に目を輝かせたよう表情をしていました。親鳥さん(らしき成鳥さん)は、
離れた場所から声をかけながら、こどもたちを見張っていました ^^
幼鳥さんたち、日々たくさん学び、だんだんと警戒心も身についているようです。
この先も、きっと元気に成長し、たくましく生きていくことと思います^^
  

2018/09/06 (Thu) 13:33 | EDIT | REPLY |   
2018.09.10
Mon
09:17

ぷく  

ricorioさん
愛らしいこども達の写真をありがとうございます。八ヶ岳の雄大な自然の中で、一種懸命に生きようとしている子達の息づかいが聞こえてくるようです。羽をふくらませたり、首をかしげたりとどの写真も愛おしく眺めていて飽きません。特に好きな子はカメラ目線のキセキレイの子です。キセキレイはたまにこちらでも見かけることができます。!


残暑きびしい先日、つばめのねぐら入りを見てきました。もうすでに南下してしまったのか、数は去年よりだいぶ少なかったです。それでも夕闇の中を飛び回るつばめ達の姿は厳しい日本の異常気象の中、生き延びた逞しい姿でもあり、お互いに声を掛け合いおしゃべりをしながら飛んでいる姿はこの上なく愛らしい姿でした。今年生まれたすべての鳥さん達♡お父さん♡おかあさん♡応援したくなりました。


2018/09/10 (Mon) 09:17 | REPLY |   
2018.09.11
Tue
00:17

ricorio  

ぷくさん、いつもありがとうございます !

      
キセキレイさん。毎年お隣の敷地や私道で子育てするのに、
成鳥さんは警戒心が強くて、なかなかこちらの庭には姿を見せません。
毎年、独り立ちした幼鳥さんがたまに家のすぐ近くまでやって来ます。
今年は、頻繁に来てくれます^^
1羽だけかと思ったら、2羽になり、きのうは3羽一度に見かけました。
きょうだいのはずですが、喧嘩ばかりです ^ ^;
   
ツバメさんたち、もう渡り始めているのでしょうか。
残念ながら、今年は、我が家でのツバメさんの子育てはありませんでしたが、
近所のツバメさんの巣に何度か通って、ほんの短い時間ですが、
ツバメさんと過ごすことができました。
見慣れぬ人間でも嫌わず、受け入れてくれる優しいツバメさん…
本当に不思議で魅力的な鳥さんですね。姿も声も大好きです。
思い浮かべると、愛おしさで胸がキュンとなります ^^
賢くたくましく成長した今年生まれのこどもたち。子育てをがんばった親鳥さんたち。
子育てできなかった成鳥さんたちも。無事に南の国へたどりつきますように。
  

2018/09/11 (Tue) 00:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment