アトリさん ( 4 )





atori20180201-001th_.jpg 




毎年、秋の終わり頃から5月まで、アトリさんたちのグループがこの地に滞在しています。
昨シーズンの一時期は、100羽近くと思われる大きな群が近辺で過ごしていましたが、
今シーズンは、例年どおりの10羽くらいのグループです。

 atori20180202-001th_.jpg
雪の中から食べ物を探す♀さん。アトリさんたちは、日頃から地面に降りていることが多いです。





atori20180122-001th_.jpg
雪が積もると、食べ物探しが難しくなるので、バードフィーダーの利用率が高まります。





atori20180124-005th_.jpg
ヒマワリの種は、口の中で殻を割って中身だけを上手に食べます。





atori20180124-_123th_.jpg今期は寒さが厳しかったせいか、大きく膨らんでいる姿をよく見ました。




Comment 4

2018.03.08
Thu
20:26

ちゃたろう  

こんにちは^^ アトリさんの茶色っぽい胸の羽毛が白い雪に映えて
とてもきれいに見えます。雪の中から食べ物をどうやって探すのかと
思います。ricorioさんのバードフィーダーに、どれだけ支えられて
いるでしょうね^^ 小鳥がなにか食べているところ、羽繕いをしたり
水浴びあしたり全ての仕草が大好きで見飽きることがありません。
口のなかで器用に殻を割って食べるのですよね! ピヨジも上手に
あの小さいくちばしのなかで上手にシードの殻を取ります。
子供が小さい時に「文鳥ちゃんのお口の中にはすごい装置があるんだね!」
と言っていたのを思い出しました^^ 先代の文鳥が、あくびをした時などに
観察して見つけたのでした。

2018/03/08 (Thu) 20:26 | REPLY |   
2018.03.09
Fri
00:19

ricorio  

ちゃたろうさん、こんばんは ^^

  
アトリさんの羽根の模様も、けっこう複雑ですね。
前面は、白い部分の面積が大きくて、遠目には「白い鳥さん」に見えたりします。

アトリさんたち、雪に埋もれながらも、根気強く食べ物を探します。
何か見つけたら、とりあえず咥えてみるようですが、当然、ハズレも多いみたいです。
積雪があったり、地面が凍結すると、確かにフィーダーを利用する鳥さんは増えるのですが、
どの鳥さんも、手間暇かけて自然の食べ物を探すことも厭わないのは、立派だなと思います。
  
文鳥さんも、お口の中で固い殻を割って食べるのですね^^
一見すると、口の中で転がしているばかりで、ちゃんと食べているように見えません(^ ^;)
でも、きれいに殻だけが後に残っています。噛む力の強さと器用さに感心します。
本当に、鳥さんたちは、何をしていても、愛おしく、見飽きることがありませんね。
そして、毎日のように、初めて見ること、知ることがあり、そのたびに感動します^^
   

2018/03/09 (Fri) 00:19 | EDIT | REPLY |   
2018.03.12
Mon
21:30

ぷく  

ricorioさん
八ヶ岳はまだ寒いですか?こちらはだいぶ気温が上がってきました。
生きるために食べ物を探す… 鳥さん達 生き物達の姿は本当に人間に勇気を与えてくれますね.

巣箱の様子はいかがですか。八ヶ岳にももううすぐ春がやってきますね。

2018/03/12 (Mon) 21:30 | REPLY |   
2018.03.13
Tue
01:07

ricorio  

ぷくさん、こんばんは ^^

  
こちらは、朝晩はまだ氷点下まで気温が下がる日も多いのですが、
日中は陽射しがだんだんと春めいてきたように感じます。

重い病気やけがの鳥さんが、力をふりしぼって、懸命に食べる姿を目にすることがあります。
健康な鳥さんたちは、楽しげに、幸せそうに食べているようにも見えますが、
きっと、生きるため、真剣に食べ物を探し、必死で食べているのですね。

巣箱は3つとも、大きな変化はありませんが、
ただ、巣箱周辺で、小競り合いが頻発するようになりました (^ ^;)
      

2018/03/13 (Tue) 01:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment