ルリビタキさん ( 4 )




この冬は、3ヶ月近くこの地にとどまっている ルリビタキさんたち。
2月に入ってから、若い♂さん1羽が、
他のルリビタキさんを追い払おうとしたり、掴み合いのけんかをするようになりました。




ruribitaki20180117-2323th_.jpg問題の若い♂さん。






容姿も動きも、きりりとしたルリビタキさんです。よく尾を振り、よくしゃべります。





ruribitaki20180209-001th_.jpg
早朝に会うことが多いです。氷点下10度前後まで気温が下がる朝には、ふんわり膨らんでいます。





先月までは、4羽がこの近辺で過ごしているようでしたが、
今月に入って、2羽がほとんど姿を見せなくなりました。
居心地が悪くなったためなのか、春が近づいたせいなのかは分かりません。





ruribitaki20171226-777th_.jpgこちらの♀さんは、まだこの地に滞在しています。物静かで、おっとりしたルリビタキさんです。





b-ruribitaki20180211-222th_.jpg♀さんは、夕方から日没後に庭にいることが多いです。薪小屋はお気に入りの場所です。






薪小屋の中で羽繕いをしている♀さんです。(* 途中、強風の音、遠くのチェーンソーの音が入っています。)





なぜか風に吹かれていることの多いルリビタキさん。
♂さんを 風太(ふうた)、♀さんを 風音(ふうね) と呼んでいます。





Comment 4

2018.02.23
Fri
14:38

ちゃたろう  

こんにちは^^ ルリビタキさん、きれいな鳥さんですね。
けんかをするのは春の準備としての縄張り争いなのでしょうか?
寒さのなかでも春がくるのを感じているのかもしれませんね。
氷点下の朝なんて膨らんだくらいで大丈夫なのかと思います!
強風で羽毛が乱れると、せっかく羽毛を膨らまして温めた空気が
逃げてしまうのではと余計な心配をしてしまいます^^
厳しい寒さを乗り越えてもらいたいですね。

2018/02/23 (Fri) 14:38 | REPLY |   
2018.02.23
Fri
22:12

ricorio  

ちゃたろうさん、ありがとうございます ^^

   
ルリビタキさん、縄張り意識の比較的強い鳥さんと聞いています。
冬とはいえ、同じ場所に複数が共存することは、
ルリビタキさんたちにとって、あまり好ましくないことなのかもしれません。
だいたいいつも、風太(上の写真の若い♂さん)が仕掛ける形で、
追いかけっこやとっくみあいになってしまいます。
1度は、風太に追いかけられた風音(写真の♀さん)が家の中まで逃げて来ました。

ルリビタキさんが姿を現すと、不思議に風が吹き始めるような気がします。
もしかしたら、他の鳥さんたちよりも、
風になびきやすい、軽くて柔らかな羽毛なのかもしれません。
羽毛を煽られながら冷たい風にあたっていたら、体が冷えるのではと思うのですが、
風に吹かれながらもその場でじっとしていることの多いルリビタキさんです。
きっと、わたしたちが思っているよりも、鳥さんたちは強いのですね^^
      

2018/02/23 (Fri) 22:12 | EDIT | REPLY |   
2018.02.24
Sat
07:22

horon  

風太^^風音ぴったりな名前です!

ricorioさん、おはようございます!
日によってそうでない日もありますが
今朝は、鳥さんたち朝食が出て来るのを待ってくれているようでした^^
私が起きれなく、、遅れてしまうこともあります、、

ルリビタキの地鳴き「ガガガっ」懐かしいでです。
一昨年、昨年の冬を思い出されます。
今季は、会える気配がありませんが
春、お山に帰る途中に、こちらにも寄ってくれるといいな。。と
思います。
動画の風に吹かれる、ルリビタキさん^^
羽毛の内の方が暗い色をしているのですね。
近くから見ていると、鳥さんたちのお腹の羽毛、
実は、白だけでなく、色が混じっていたいるんだ。。とか
シジュウカラさん、コガラさんの羽毛が最近とても気になります^^

ルリビタキさん、お水を飲んだり、バードフィーダに来たり
することもあるのでしょうか。
カイくんやシロちゃん達とはどんな関係でいるのでしょう^^

ルリビタキさんの、口笛のような囀りも聞かれると嬉しいですね。
初めて聞かれた時は、きっと驚きます^^!

2018/02/24 (Sat) 07:22 | REPLY |   
2018.02.24
Sat
23:03

ricorio  

horonさん、ありがとうございます ^^

    
鳥さんたち、horonさんからの朝食を楽しみにしているのですね。
食堂はデッキでしょうか^^
horonさんが少しくらいお寝坊しても、鳥さんたちは、
広い森の中をあちこち散策しながら待っていることでしょう^^

ルリビタキさん、つくづく地味な声ですよね (^ ^;)
口笛のようなさえずり… この場所で耳にする機会はなさそうですが、
いつかぜひ聴いてみたいです!
それに、幼鳥さん。いつか会えたらなぁと思っています。

ルリビタキさんの羽根色も美しく、複雑ですね。
シジュウカラさんは、胸のネクタイ、背中のグラデーション。
コガラさんは、柔らかなグレーがシックなモノトーン。
それぞれが全然違っていて、それぞれ魅力的ですね^^

ルリビタキさん、バードバス、フィーダーにもたまーに来てくれます。
お水はいつも一口しか飲まないし、
フィーダーものぞくだけで何も取らずに飛び去ってしまったり…ですが。
写真もなんとか撮ったものの… 失敗写真です(^ ^;)

ルリビタキさんは、シロちゃん、カイくんはじめヤマガラのみんなとは、
特に干渉し合うことはありませんが、シジュウカラさんたちからは
ときどきからまれています。追いかけ回されている場面も目にします。

今シーズンは、毎日のように、複数のルリビタキさんに会うことができましたが、
青いおとなの♂さんは一度も見ていません。
風太が青い鳥さんになるのは、何年後なのでしょう。
少しずつ変化していく様子、ずっと見ていることができたら最高ですが、
そろそろこの地から離れて行くのかもしれませんね。
風太、風音、そして名前のないままだったルリビタキさんたち。
次の冬も、また会いに来てくれたら…と願っています ^^
  

2018/02/24 (Sat) 23:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment