メジロさん ( 2 )





th_mejiro20170728-00222.jpg 




1ヶ月半前の記事で、バードバスに来るようになったことを書いた、メジロさん。
その後、何回か水浴びにやって来たものの、だんだんとまた姿を見せなくなりました。






th_mejiro20170804-00001.jpg
3羽、4羽でやって来て、水浴びの順番待ちをしたことも。






th_mejiroP8042763.jpg
メジロの若鳥さんには、シジュウカラ幼鳥さんほか、ヤマガラやキビタキの幼鳥さんたちも興味津々、近づいて来ました。







8月はじめ、メジロさん水浴びの様子。中盤に乱入するのは、ヤマガラのカイくん(当時換羽中)です。





今年の夏こそメジロさんと仲良くなりたいと思っていましたが、
思い通りにはなりませんでした。次の機会は一体いつになるでしょうか。





th_mejiro20170806-01211.jpg 






Comment 6

2017.09.16
Sat
14:06

ちゃたろう  

こんにちは^^ 緑の中のメジロさん、きれいですね。一つの枝に違う種類の小鳥が
止まっているのがかわいいし楽しいです。こうして遭遇して特にトラブルにはならない
こともよくあるのかもしれませんね。水浴びの時もヤマガラさんが入ってきたり小鳥
にもご近所付き合いがあるのでしょうか^^
前回の記事でricorioさんのおっしゃる「月夜の空を小鳥が飛んでいる」という幻想的
で美しい場面を、例によって私は妄想しています^^ 美しい詩のようですね。
小鳥たちには大変な仕事なのですが。

2017/09/16 (Sat) 14:06 | REPLY |   
2017.09.16
Sat
20:01

ricorio  

ちゃたろうさん、こんばんは!

          
どういうわけか、今年生まれの若いメジロさんのそばに、他の鳥の幼鳥さんたちが近づいて来るのです。
みんなメジロさんの気を引こうとするのですが、メジロさんは、気づかないふりをして相手にしません。
体は他の鳥さんよりも小さいのに、なかなか堂々として、大物の風格を感じさせました。
上のシジュウカラ幼鳥さんとの写真では、羽毛を逆立てていて、それなりに緊張していたのかもしれませんが、
動画では、誰が来ようと落ち着いて水浴びを続けていますね (^ ^)

前回、前々回の記事の、ヒタキ科の鳥さんたちは渡り鳥さんでしたね (^ ^)
実は、昨年まであまり気にかけていませんでしたが、今年はみんなの渡りのことがとても気になっています。
渡りをしない鳥さんたちと比べて、格別にちがったところがあるようには思えず、
小さくか弱く見える鳥さんたちがどうしてそこまで過酷な旅に挑戦するのか…
でも、考えてみると、この地で冬を越すのも、野鳥さんたちにとっては命がけですよね。
厳しい自然の中で全力を尽くしてひたむきに生きていることが、野鳥さんたちの姿を輝かせているのかもしれませんね。
    

2017/09/16 (Sat) 20:01 | REPLY |   
2017.09.18
Mon
20:22

MT  

こんばんは

水の飛び散り具合がとっても素敵ですね!水浴びに姿を見せることが減ってきたのですか。季節の関係でしょうか?!また、たくさんやってきてくれるようになるといいですね。^^

2017/09/18 (Mon) 20:22 | EDIT | REPLY |   
2017.09.18
Mon
22:55

ricorio  

MTさん、こんばんは!

    
メジロさん、再びまた疎遠になってしまいそうな気配です。
メジロさんに限らず、鳥さんたちみんな、最近はあまり水浴びをしなくなってきました。
真冬でも鳥さんたちは水浴びをする、と聞きますが…
庭に来る鳥さんたちは、寒い季節、水はよく飲みますが、水浴びは見たことがありません。
水を飲むだけでも良いので、メジロさん、これからも庭に来てくれたら嬉しいです (^ ^)
  

2017/09/18 (Mon) 22:55 | REPLY |   
2017.09.19
Tue
20:18

ぷく  

ricorioさん
メジロさんのかわいい動画をありがとうございます。場所を上手に交換しながら仲間と一緒に水浴びをする姿は愛くるしいですね。 あたりを警戒しながらも短い時間でのリフレッシュですかね。 今回は仲良く水浴びをしていますね。メジロさんの羽の色は神様からの贈り物のようは素敵な色をしていますね。

ricorioさんはじめ他の皆さんの所では 台風被害は大丈夫でしたか?渡り鳥さん達はどうしているでしょう。
私もricorioさんと同じ気持ちで 鳥さん達の渡りが気がかりです。
それというのも 今年初めてつばめの塒入りの観察会に参加していろいろな事を感じたからかもしれません。
夕闇せまる大空に数万羽のつばめ達が飛翔する姿は感動的で、このように仲間と共に十分に飛行の練習をして、沢山の餌を食べて渡りの準備をしているのを見て涙が出てきそうになりました。塒入りでは集団で行動しても、渡りは単独で行動するようで、あんなに小さな体で何千キロも離れた国へ 自分の力だけで旅をするなんて奇跡だと思いました。1羽でも多くの鳥さん達が無事に 自分の目指す場所へたどり着けるように願いました。

2017/09/19 (Tue) 20:18 | REPLY |   
2017.09.19
Tue
22:38

ricorio  

ぷくさん、こんばんは!

      
本当に、メジロさんの羽根色は美しく、アイリングはふだん見慣れないので不思議な感じがします (^ ^)
ヤマガラさんやシジュウカラさん、ツバメさん…。馴染みの鳥さんたちもみんなとても小さいのに、
メジロさんはさらに小さいですね。それでもやはり、たくましい生命力と、強い意志を持っているようです。
仲間同士の結束が強そうで、身を寄せ合って仲良く行動している姿は、とても愛らしいですね。

こちらは、周囲を高い山々に囲まれているために、台風の直撃を受けにくい地域だそうです。
移住して4年半、台風を含め災害を経験したことはありませんが、
各地の自然災害のニュースを見聞きするたびに、どうしても鳥さんたちのことが気になります。
特に、渡りの途中で、慣れない土地にいる鳥さんたち、海上にいる鳥さんたち… 無事であってほしいですね。

ツバメさんの塒入り!ご覧になったのですね!
夕闇迫る大空に数万羽のツバメさんたち… 想像しきれないような、壮大で素晴らしい光景です。
ぷくさんのお話をうかがっただけでも、1羽1羽のこれまでとこれから先の生涯を思い、感無量です。
全員が無事に目的地にたどりつけるような奇跡が起こってくれたら…と願わずにはいられません。
そして、次の春には、必ずまた元気な姿を見せてくれますように…!
     

2017/09/19 (Tue) 22:38 | REPLY |   

Leave a comment