エゾビタキさん ?





きのうの朝、バードバス近くに、見慣れない鳥さんがやって来ました。
そのときは、コサメビタキの幼鳥さんかと思いましたが、
後から写真で確認すると、姿のところどころが違っていたようです。
おそらくエゾビタキさんではないかと思います。もしそうなら、はじめて会う鳥さんです。





th_ezobitaki-20170910-005.jpgエゾビタキさんは、北の国で子育てし、南の国で越冬するそうです。日本は経由地になるようです。






th_ezobitaki-20170910-001111.jpgコサメビタキさん同様、口元が黄色くても、すでに成鳥さんでしょうか?






th_ezobitaki20170910-032.jpgバードバスが気になっていたようですが、利用せずに行ってしまいました。





ここから下は、間違えそうになったコサメビタキの幼鳥さんです。
頭と背中の模様が、上の鳥さんとは明らかに違っています。




kosame20170617-021.jpg6月中旬 春生まれの幼鳥さん。






th_kosamebitaki20170802-001.jpg8月初旬 こちらは夏生まれの幼鳥さんだと思います。






鳥さんの種類の判別は、自信がありません。
今回のエゾビタキさんとコサメビタキさんも、間違っていましたら、どうぞご指摘ください。






Tag:  エゾビタキ,

Comment 6

2017.09.12
Tue
13:25

horon  

ricorioさん、こんんにちは^^

今日も、とっても素敵なお写真に見とれています^^♡
3枚目お写真のエゾビタキさん、「どうぞ!少しゆっくりしていって。」
優しく声をかけたくなりますね。
ricorioさんのバードバス、渡りの途中の鳥さんたちも、みんなすっごく気になるだろうな。。
エゾビタキさんの気持ちに同感です^^
このエゾビタキさん、きっと前夜は、渡りで飛んでいたのですよね。
朝、お庭に休憩していたのでしょうか。
小鳥さんさんたちが、真っ暗な夜空を飛んで行くなんて。はらはらしますね。

コサメビタキ幼鳥さんの肩の羽毛、
ひとつひとつが合わさり模様になっているのが
あらためてよくわかりました。
ありがとうございます^^!

2017/09/12 (Tue) 13:25 | REPLY |   
2017.09.12
Tue
16:15

ちゃたろう  

こんにちは^^ エゾビタキさん、大きな目がとてもきれいな鳥さんですね。
南の国への長旅なら、安全なricorioさんのお庭で休養してくれたらななんて
思いました。今まで考えたことなかったのですが、この時期は多くの野鳥が
旅をしているのですね。こんなにかわいくて華奢に見えるのですが、大変な
強さを秘めているのだなと感心します。コサメビタキさんもかわいいですね。
みんな少しずつ模様や色が違っていて、こうしてきれいな写真で見せて
いただかないとわかりませんね! 
先日きれいな鳴き声の小鳥がいて、シジュウカラさんだとわかりました。たぶん。
目を閉じると八ヶ岳のさわやかな森にいるように思えました^^
このところ東京は残暑ですので。

2017/09/12 (Tue) 16:15 | REPLY |   
2017.09.12
Tue
19:03

ricorio  

horonさん、いつもありがとうございます!

     
今回は、はじめて会ったエゾビタキさん、ごくたまにしか見かけないコサメビタキさん…
どちらも、綺麗に撮れた写真がないのですが、会えたことがとても嬉しいので記事にしました (^ ^)
バートバス、高い場所からも、お水がきらきら光って、目につきやすいのでしょうか。
でも、庭に慣れていない鳥さんたちは、人の気配があると、お水を飲んだり、水浴びしたりできないようです。
バードバス近くの枝で少し迷っている風ですが、みんなあきらめて飛び去ってしまいます (^ ^;)

エゾビタキさん、北方からはるばる移動して来たと思われるのに、まったく疲れを感じさせませんでした。
ふだん、庭では、木から木へのほんの短い移動しか目にしないので、
華奢な印象のヒタキ科の鳥さんたちが長距離を飛び続ける…というのが、どうしても信じられません。
しかも、夜間に飛び続けるのでしょうか。鳥さんの生き方、なんだか神秘的ですね。
自分は、鳥さんのほんのほんの一部分しか知らないのだな、と思い知らされます。

コサメビタキさんも、今年はじめて、庭に来てくれた鳥さんです。
春に出会った成鳥さんの、姿と声の愛らしさにびっくりしました。
近くで見たのは1回だけでしたが、春には毎日可憐なさえずりが聴こえ、ヒナたちも無事に巣立って…。
コサメビタキさんも大好きな鳥さんになりました。来年も会えますように…!
   

2017/09/12 (Tue) 19:03 | REPLY |   
2017.09.12
Tue
19:52

ricorio  

ちゃたろうさん、いつもありがとうございます!

    
北の国から、日本を通過して、さらに南の国へ…
小さな体で、底知れない力と勇気を持っているのだと、つくづく感心します。
おだやかな表情、かわいらしい姿からは、過酷な長旅の途中だなどとは思わせません。
人間から見たらとてつもなく大変なことを、まるでさりげない風にこなしていく姿、
鳥さんは格好良いなあと、いつも思います (^ ^)

ヒタキ科の鳥さんは、一部の幼鳥さんどうしや、♀の成鳥さんどうしが、よく似ています。
今回は、エゾビタキの成鳥さんとコサメビタキの幼鳥さんですが、写真で見ると、
模様がだいぶ違うのに、全体的な雰囲気が似て思えて、間違えそうになりました (^ ^;)

シジュウカラさん、本当に綺麗な声ですね。そして、実に多彩な鳴き方をしますね。
365日毎日、シジュウカラさんの新しい鳴き方を耳にしているような気がします (^ ^)
東京もそろそろ秋らしい気候になっていくでしょうか。鳥さんたちも過ごしやすくなりますね。
    

2017/09/12 (Tue) 19:52 | REPLY |   
2017.09.12
Tue
23:30

ちゃたろう  

追伸です

たびたび失礼します。horonさんのコメントで、多くの小鳥が夜間に渡りをすることを
知りました。鳥類は夜間は目が見えにくいのかと思っていたので意外でした。
距離的にも大変なことですが、夜間に飛ぶとは驚きでした。でも、夜間に渡る理由も
ちゃんとあるですね。鳥類のこと、なんにも知らないなと思いました。
実際に渡るところを見てみたいなあとも思いました。ますます鳥が大好きになり
もっと知りたくなりました^^

2017/09/12 (Tue) 23:30 | REPLY |   
2017.09.13
Wed
00:00

ricorio  

ちゃたろうさん、ありがとうございます (^ ^)

      
鳥さんの大半は、いわゆる「鳥目」ではなく、夜間でも人間と同程度には目が利くのだと、
本で読んだことがあります。
渡り鳥の中には、何日も休憩せずに飛び続けることができる、とか、
寝ながら飛ぶことができる鳥さんもいるとか…。
でも、鳥さんの渡りについては、実態やメカニズムがまだほとんど分かっていないようですね。
小さな小さな鳥さんが、月夜の海の上を飛び続ける…など、想像するとまるで夢の世界です。
実際の渡りの様子、見られたらなあ…とわたしも思います。でも、心配で心配で見ていられないかもしれません… (^ ^;)
ちゃたろうさん、horonさんとお話していて、鳥さんたちのこと、ますます応援したくなりました (^ ^)
   
   

2017/09/13 (Wed) 00:00 | REPLY |   

Leave a comment