続・ヤマガラ幼鳥さん




お父さん似のきりりとした顔立ちのきょうだいが、
7月に入っても毎日のようにバードバスとその周辺に来ていました。
 

そんなきょうだいが、
3週間前にバードバスへ来たのを最後に、姿を見せなくなりました。
ヤマガラの子は、独り立ちしてほどなく、(例外もありますが) 、
親の暮らす土地から離れて行くことが多いです。
きょうだい皆が、自分の生きて行くべき場所へ移動したのだと思います。





th_makichannoko--618-00111.jpg6月中旬。出会って間もない、まだ親離れしていない頃。ジューンベリー、ブルーベリーが好きな子たちでした。






th_makichannoko-001.jpg
6月下旬。このときも、口や足を果実色に染めていました。






th_makochannoko-003.jpg
1羽1羽をよく知りません。きょうだい全員にクールな優等生のような印象を抱いていましたが…






th_makichannoko-21.jpg
それぞれが実際どんな子たちだったのか、もっと知りたかったと思います。






th_makichannoko-099999.jpg
7月の終わり頃の姿。この子たち独特の、くっきりと鮮やかなオレンジの羽根色になっていました。






ヤマガラさんのお引越しは、比較的近隣への移動が通常のようです。
どこか近所で、華やかなオレンジ色のヤマガラさんに出会ったら、
この子たちかもしれません。





Comment 4

2017.08.25
Fri
23:10

ちゃたろう  

こんばんは^^ ヤマガラさん、いつ見てもかわいいですね^^バードバスに
入っている写真、足が水につかっていてなんだかかわいくて大好きです。
独り立ちして離れたところで暮らしていくのですね。ricorioさんや大家さんの
ブログで野鳥の巣立ちを知ることが出来ました。想像していたよりずっと幼いときに
巣立ちをしていくので驚きました。でも早く育てて巣立ちさせて自分で動けるほうが
安全な面もあるからなのですね。草食動物が生まれて短時間で立って歩けるという
のと同じなのかもしれませんね。今ごろ理解しました^^
前回の記事のサンショウクイさんですが、スラっとしたきれいな鳥さんですね。
こちらにお邪魔するまで、サンショウクイさんという名前すら知らなかったのです。
ところで、東京は暑すぎます。。。 それでも自宅近くで平安時代の大きな建物
の遺構が見つかり説明会があって参加しました。鳥類と恐竜と歴史が大好きなもので。

2017/08/25 (Fri) 23:10 | REPLY |   
2017.08.26
Sat
07:00

horon  

ricorioさん、おはようございます!

幼鳥さんたち、元気に巣立ち、成長してくれることが一番幸せ!でも。。やっぱりいつも側にいてくれたらいいな。。と、思います(^_^;)

ヤマガラ幼鳥さん(まきちゃんの子供たちでしょうか?)の、お写真、本当に可愛らしいぃですね^^♡

ジューンベリー、ブルーベリーを、食べてたね!と、染まった色から知れたり。
鳥さんたちの可愛らしい仕草、表情を、お写真から拝見できて本当に嬉しいです。毎回、とても楽しみです。

冬には、またお庭で!と、ヤマガラさんたち約束しているかもしれませんね。
きっとricorioさんに会いに来てくれますね!
華やかなオレンジ色のヤマガラさんたち。。


甥っ子のプレゼントに、「タカラトミーアーツのヒーリングバード・ヤマガラさん」を用意しました。
箱を開けたいな。。と思ってしまいます^^
気にいって、鳥さん好きになってくれるといいな。。なんて、思っています♡

ricorioさん、春・夏の疲れが
どっと来ませんように。
すっこし、ほっとできる頃でしょうか。。
お身体も、気をつけてお過ごし下さいませ^^

2017/08/26 (Sat) 07:00 | REPLY |   
2017.08.26
Sat
17:06

ricorio  

ちゃたろうさん、こんにちは!

いつもありがとうございます (^ ^)
この夏は、ヤマガラの幼鳥さんはじめ大勢がバードバスを利用してくれて、嬉しいです。
水浴びする姿… 幸せそうで、わたしも大好きです。

鳥さんのヒナたちは、まだうまく飛ぶことができないまま巣立つことがごく普通、
とよく耳にしますね。そういうヒナを見ても、基本的に人間は手出しすべきでない、とも。
巣の周辺が比較的安全だと、十分に成長するまでなかなか巣立たず、
巣の周辺に天敵が出没するなど危険な状況だと、早めに巣立つ、という傾向もあるようです。
どちらの方がこどもたちの生き延びる可能性が開けるか、親鳥さん…、もしかしたら、
ヒナちゃん自身も分かっているのでしょうか。

前記事のサンショウクイさん、わたしも、昨夏実際に会うまで、知らない鳥さんでした。
2度しか会ったことがなく、しかも、2度ともほんの数秒で姿を消してしまったのに、
こちらをじっと見ていたやさしい表情から、なんだか友だちになれたような気分です。
またきっと会えると思っています (^ ^)

平安時代の大規模な建築物の遺構… ご自宅近くにそんな歴史的価値の高いものが!
歴史通のちゃたろうさんは、さぞわくわくしておられることでしょう (^ ^)

まだしばらくは暑い日が続きそうですね。
ちゃたろうさんも文鳥さんも、どうぞお元気でおすごしください。
  

2017/08/26 (Sat) 17:06 | REPLY |   
2017.08.26
Sat
18:04

ricorio  

horonさん、こんにちは!

      
今年は、庭に姿を見せてくれる ヤマガラ幼鳥さんが例年よりもだいぶ多く、
1羽1羽のことが良く把握、理解できないままです (^ ^;)
そうこうするうちに、最近、だんだんと数が減って来ました。
順調に独り立ちしていっているのだと思います。
ヤマガラさんとしてあるべき生き方なので、祝福しないといけませんよね!

今回の写真は、そうです、まきちゃんのこどもたちです (^ ^)
成長するにつれ、少しきつめの顔立ちや鮮やかなオレンジの羽根色など、
容姿に特徴が出てきました。他のヤマガラさんと違っています。
再会できたとき、どんなおとなになっているのか、楽しみです。

“ ヒーリングバード “ のヤマガラさん!
もし、ヤマガラさんに毎日会えない暮らしだったら、ぜったいに欲しいと思います (^ ^)
このシリーズ、どの鳥さんも、鳥さんを心から愛する方がデザインしたとすぐ分かる、
とても良い雰囲気の姿をしていますよね。さらに、美しいさえずりが聴けるなんて…
甥っ子さんもきっと喜んでくれるでしょう (^ ^)
          
この春夏は、特に6月のツバメさん、7月の白い巣箱シジュウカラさん2番子、
それぞれの子育ての見守りで、自分にとっては過酷な日々が続きましたが、
気力でなんとか乗り切ることができました。
ずっと励まして続けてくださり、心から感謝しています。ありがとうございます!
horonさんも、いろいろに無理なさらず、お身体を大切にお過ごしください (^ ^)
            

2017/08/26 (Sat) 18:04 | REPLY |   

Leave a comment