夕暮れの巣立ち:黄色い巣箱 ( 10 )





nibanko20170626-003.jpg





6月26日のできごとです。
日没も近い午後6時30分すぎ、黄色い巣箱からヤマガラのヒナが巣立ちました。
ケイちゃんとシロちゃんの2番子たちです。





nibanko20170626-005.jpg
6月11日頃に生まれました。孵化後16日目の巣立ちです。






夕闇が迫る中、当初はどうなることかと心配しましたが、
両親不在の巣立ちだった1番子とは違い、両親が見守りながらの危なげない巣立ちでした。







暗くて長くて申し訳ありません… 6羽が巣立ちます。1羽だけ残った子は翌朝巣立ちました。






nibanko20170626-001.jpg
1番最初に巣立った子だけが地面に落ちましたが、他の子たちは一気にパタパタと飛び去りました。






nibanko20170702-011.jpg巣立ち後5日の一昨日。隣地の林の中に両親とこどもたちの姿を見かけました。






巣立ちからしばらくの間、両親と子どもたちは、庭には戻りません。
声はときどき聞こえてきます。
すでに巣立ち後1週間がすぎました。
そろそろまた庭にも姿を見せてくれることでしょう。






Tag:  ヤマガラ, 黄色い巣箱, シロちゃん家族, ヤマガラ常連さん, 巣立ち,

Comment 4

2017.07.05
Wed
12:08

ちゃたろう  

こんにちは^^ かわいい黄色いお口のヒナちゃん、巣立ちしたのですね。
まだこんなに幼い子たちがと心配にもなってしまいます。
たったの16日で巣立ちなのですね。どうか元気で生きてほしいと願いました。
ヤマガラさんってこんなにかわいいのですね^^ 
素敵な写真をありがとうございました^^

2017/07/05 (Wed) 12:08 | REPLY |   
2017.07.05
Wed
18:12

ricorio  

ちゃたろうさん、いつもありがとうございます!

    
孵化後16日での巣立ちは、ヤマガラとしては標準的なようですが、
2週間少し前まではまだ小さな小さな卵の中にいたのだと考えると、
広い世界へ飛び出して行くには、確かにまだ早すぎるような気もしてきます。
ですが、ヒナたちにとっては、巣の中にいる間が最も危険とも聞きます。
今回のヒナたちは、食べ物が豊富だったせいか、心身ともに十分に成長していて、
余裕のある巣立ちができました。生まれて初めての飛翔もなかなかものでした。

巣立ち後も、近くの林から、家族のにぎやかな声が響いてきます。
写真からはうまく伝わらないかもしれませんが、案外たくましそうなヒナたちです。
きっと揃って元気に成長していくことと思います (^ ^)
   
    

2017/07/05 (Wed) 18:12 | REPLY |   
2017.07.06
Thu
09:43

ぷく  

巣立ち

ricorioさん
素敵な写真 動画をいつも楽しみにしています。 過去の日記や動画も見ました。
夕暮れどきに しかも親がいない巣立ちなど見守りしているricorioさんは心配でしたね。でもきっと豊かな八ヶ岳の自然の中で生きていますね。私の自宅のベランダに巣立ちをしたばかりの雀の雛がちょこんといました。警戒心もなくひとりで鳴いていました。近所の商店街もつばめの子育て真っ最中です。

2017/07/06 (Thu) 09:43 | REPLY |   
2017.07.06
Thu
11:35

ricorio  

ぷくさん、いつもありがとうございます!

 
過去の記事もご覧くださり、嬉しいです (^ ^)

この子たちの両親は、心身ともに強く、お父さんは子育てのベテランです。
人間が比較的近くにいる場所に暮らし、天敵も少ないので、心配ないと思います(^ ^)
毎日、庭の北側にある林から、一家の声が聞こえてきます。庭での再会が楽しみです。

幼いヒナがひとりぼっちでいたら、心配でしかたがありませんね。
時に人間が手助けすべき時もあるかと思いますが、
人間ではとても親鳥にはとって代われないですよね。
ツバメさんはじめ、ぷくさんが日々見守っていらっしゃるどの鳥さんのヒナも、
親鳥たちの愛情あふれるきめ細やかで子育てで、一人前に成長してくれますように!
    

2017/07/06 (Thu) 11:35 | REPLY |   

Leave a comment